fbpx

#3 日誌 2013/5/22 (水)

場所➝淀川某橋南側

釣り時間➝20:30~23:00

潮➝干潮-22:50

風→北西の風

タックル➝リール-ダイワ ジリオンPEスペシャル ライン-PEライン0.8号 リーダー-ふろろ2.5号

ロッド-8.6ftのロッド エギライザー(タックルベリーで2500円ほどで購入した物)

 

備考

シーバス狙いではなくどうしてもキビレが釣りたかったので再度チャレンジする事に^^;

前回と同様に夜光虫が光っていたが、今回もアタリがでてくることを確信していた。

と共にここではいつ、バチ抜け(ゴカイなどが地面から出てきて遊泳すること)

があるのかと思いながら、調査もかねての釣行だった。

ネットかテレビの情報では東京が2月〜3月で大阪は5月〜6月という情報がある。

 

はじめは、やはり前回アタリが多かった黄緑色のグラブというワームで攻めてみることにした。

キャストしてワームが地面に着いたらゆっくりとリーリングするだけ、

具体的には1秒間に1㎝リールを一定速度で巻いていく。

すると、ココッココッとアタリがあり、「いや、食い込むまで待つ」と心に言い聞かせる。

しかし、グーッと食い込むことはなかった。

 

アタリがあった後は、ついつい肩に力が入ってしまう。

なので上がった肩を、下ろすような気持ちでおちつかせる。

そうこうしてるうちに、コンッココンとアタリがあったが、

やっぱりキビレのサイズが小さいか、

グラブとフックのサイズが大きいから食い込まないのかとおもっていた。

 

そこで思いついたのがシンキングミノーの

テールフックさえ飲み込ませることができればいいのにと思い、

ミノーをチョイス。

着水してミノーをそこに沈ませてからリーリングする。

注意することは根掛で、引っかからないようにロッドを立てて

リーリング速度も遅すぎず早すぎず。

そうすること約30分、コッブルブルと半分むこうアワセだが、すかさずアワセた、

きれいにアワセが決まった!!

ゆーっくり寄せてくると、突然ググッーと引っ張られたときに、

ロッドの先30㎝辺りのところがパキッ(>_<)

やはりタックルベリーで安物を買ったのが失敗だった。

でも、バラさずにキビレを上げることができた、初キビレゲット!!

その後も少し釣りを続けたがアタリはなかった。

#2<<back/next>>#4

 

 

 

 

 

ヒットルアー→テキサスリグ3.5g グラブ黄緑色(アタリ3回)

ミノー カラーメタリックブルー(釣)

釣果→キビレ35㎝×1