fbpx

#35 日誌 2013/10/29 (火)

場所➝石津川河口

釣り時間→6:00〜10:00

潮→ 長潮 3:36満潮

タックル→ロッド バレーヒルFRS-88ML

リール シマノ 12アルデバランXG ナイロンライン2号

 

釣り場に着くと濁りも流れもあっていい感じがしていた。

やはりシーバスをが釣れる条件として、日中は濁りがあると

プレッシャーも下がるはずだし、流れがあった方が食い気も

増すことは経験上わかっているから、釣れそうな気がしていた。

 

ネットの情報ではシンキングペンシルはプレッシャーをかけにくい

とされていて、プレッシャーをかけなければ、長い時間釣り続け

やすいという事でシンキングペンシルをチョイスしてキャストしていく。

とは言ってもなかなかシーバスは思ったようには釣れないことも十分に

わかっている。

 

釣りをしている途中に変わった釣りをしているしている人を

見かけたので、話しかけてみた。

「何を釣っているんですか?」とたずねると、

「ウナギを釣ってるんです。よく釣れるよ!」

とこころよく答えてくれていた。

ウナギなんか釣れるのかなと内心思いながら、

ミノーなんかをキャストしまくる。

ウナギ釣りをチラチラ見ながら気になっていたので、

またはなしかけてみる。

「その竿、自分で作ったんですか?」

細い竹にジョイント出来るように中間に金具が付いており

ネジ式でジョイントしていて竹の先に直接フックがぶら下げてある。

「自分で考えたけど、中間のジョイントのネジは工場で50個

発注して先の針は器用な人にお願いしてつけてもらってん」

と教えてもらった。

「興味あるんやったら今度連れていってあげるよ!」

と言ってもらえて嬉しくなり

「僕もやってみたいです」

と答えた。

 

その後もバイブレーションに変えたりして、ルアーを投げ続けたが

シーバスは上げれなかった。

帰る準備をしてウナギ釣りの人と電話番号を交換して

その場を後にした。

 

ヒットルアー→なし

釣果→なし

#34<<back/#35/next>>#36